最近では身近になってきたドローン。テレビやニュースラジオネットなどなど様々なマスメディアでドローンの名前を聞くようになってきましたね。そんなドローンですがビジネスや公共交通機関インフラなどなどで需要が高まっているのが現実です。

 

ただドローンで起業し食べていくことは
容易ではありません。ドローン操縦士飛行させるには数多くの法律の規制を正しく理解しておく必要があります。また取得しておくべき資格などもありますね
さらにドローンを仕事にしていきたいと思っているんであればドローンの知識はもちろんのこと、自身の技術や想像力といったセンスも今後重要視されていきます。

 

このような前提知識を理解していないといざ自分がドローンで起業しお金を稼いで行こうと思っても失敗してしまいます。だから必要な知識や技術はしっかりとこの段階で身につけておく必要があります。

 

ドローンで食べていくには?

ドローンは仕事として動いてきたいならどのような職業や職種があるか、これを事前に把握しておく必要があります。

 

撮影業

ドローンを使って撮影する仕事はその中でも何を撮影するかで様々なカテゴリーに分かれて行きます。
起業家プロモーションビデオテレビ番組、映画の素材などなど動画やイベント、結婚式での空撮、工事の施工状況を報告するなどドローンの撮影用途は現時点でも様々なものがあります。

 

撮影した動画やスキルが商品になるのでクライアントに感動をやインパクト客観的な数字や情報これらをしっかりと正確に伝えるかであなたがドローン市場で価値があるのかを判断されます。

 

これまで撮影が可能だった空からの撮影はドローンによって容易になりました。
プロならではの経験や撮影テクニック知識技術といったものがなければ、
市場にあふれている映像と大差ないものになってしまいます。

 

またそのような知識が最低レベルない人間は市場にあふれている映像を以下のものになってしまいます。

 

それだけではありません。天候はもちろん風邪の状態や気体の性質、能力などからどのようなカメラワークができるのか映像が取れるのかといったことも事前に頭に入れておく必要があります。

 

ドローンは操縦者のレベルによって撮影できる範囲に差があるものです。
当然機体によっては技術的にできることやできないことの差もあります。
機体でできないことは仕方がありませんが自分のスキルや知識などは努力次第でどうにでもなります。

 

だから自信のレベルを高めていかないと仕事をもらうことは難しいものになっていきます。
仕事を発注するクライアントもあなたをプロとしてみて仕事を依頼するので当然難易度が高い撮影を要求されます。

 

各法令に準じてドローンを飛ばして空気の高い撮影を事故がないように安全にできるのかといったのもポイントになってきます。

 

国内でドローン撮影者の報酬は相場がまだ安定していないのでフライト時間や使用している機材撮影の難易度によって現在では決められているようです。案件は数少ない撮影依頼をダイニングで奪い合っている状況です。
なので強力な企業力やコネやツテといったものがないとなかなか仕事は回ってきません。
ですがドローン市場は年々増えていることも数字で明らかになっています。
数字や市場の広がりは前のページでしっかりと書いてあるので目を通しておいてください。
だから悲観的にならずに知識や技術などをしっかりと高めて、
来るべき機会に備えておくことで仕事をもらい起業するチャンスが増えていきます。