測量業

測量とは現場の土地状態や地形などを正確に計測し把握するために行うことです。国土交通省では「i-Construction」と呼ぶ lot 技術を使うことで人の負担の軽減を目指す取り組みを進めています。ドその中にドローンを使った測量があります。

 

測量業としてドローンの登場はこれまで衛星や航空機などハイテクな機械類によって行われていた物を大きく揺るがす出来事になりました。
ドローンによる空撮測量は機材が軽量なため車1台または自転車一台でも持ち運びが簡単にできるので機動力に優れているという点がまず挙げられます。

 

これまで航空写真測量をしようとすると、
それまでは航空測量事業者に仕事を依頼しそうで撮影スケジュールの調整という流れでした。ですがこれだと高額なコストがかかってしまうというデメリットがありました。
空撮できる測量ドローンの誕生によって奇形の3次元データや断面図、土量計算などが正確にそして低コストで出来るようになりました。

 

これは測量業界においてはとても画期的な出来事だったんです。

 

航空機とドローンの大きな違いは対地高度が低いことです入るドローンによる測量は30から、0メートルくらいのコードでできます。なので地球の状態も従来より鮮明に撮影することができ、地上測量にとても近い精度で測量ができます。
また地上測量だと測量したポイント事でしか距離はわかりませんが、ドローンだと2のポイントを指定することでより広大な土地の測量を行うこともできます。

 

さらに山奥や河川など現場に行くのが大変だったりリスクを伴うような場所でも、
ドローン測量ならばこれは安全かつ簡単に行うことができるようになります。
そして人の移動も最小限に減らせるといった利点も出てきます。

 

造りは法に定められた測量をドローンで行う場合は、ドローンの操縦技術などよりも測量業務を行うための資格が重要視されます測量士又は測量士補
これらの資格は国土交通省国道土地理院が所管している国家資格であり、この資格がないと測量業務を行うことはできません
だからドローンの操縦技術や知識などは高くてもドローン測量士として活動するためにはこれらの国家資格が必須条件となります。

 

「測量士」「測量士補」に関する情報は国土交通省国土地理院のホームページに公開されています。
報酬は、測量士の場合、3時間程度の作業で日当は1万円〜2万円が相場だそうです。

 

ドローンで仕事をしていきたいと思っているなら、
このような資格を有しておくことで仕事の幅が広がるので、
本格的なドローン業をやる前に取得しておくことをオススメします。